義理父兄との育児のジレンマについて話し合いは本当に疲れて生じる

養育をやるなかで、男性と食い違うことはよくあることでそれはコツの無いことだと思っていますがひとつビックリのいかないことがあります。それは義理家族のことなのです。基本的に、先祖おばあちゃんは孫に暖かいのは普通だと思いますし、わるいことをしても父母が憤るので、怒らなくてもいいと思っています。しかし、私の人のために買ってくれた正規や玩具を先に、男性の姉の人が使っていたりすることが納得いかないのです。その際、誰も怒りません。お下がりなら、別に気にしませんがわざわざわが子に買ってくれたのに、手提げ袋ペーパーをあけたり使ったり、ステッカーなどは貼ってあったりここじゃあ、この子のために買ってないのと同じだと想うのです。その仕打ちに関して、まったく怒らない義理父母が無性に腹がたちます。そんな、育て方なのかもしれませんが人のものを勝手に使うような人になってしまう気がします。我々は、わが子には人のものは勝手に使わない、貸してを言いなさいと教えてある。男性とも養育について異なりますが、男性と食い違うイコール男性を育てた父母とも食い違うのだと思います。私の着想が適切とかではないですが、わが子には私の良心が似てくれたらと思ってしまうのです。マッチブックを使ってみたら出会えた!